よくあるご質問

お墓を建てる時期に決まりはありますか?

納骨には期限がなく、お墓を生前に建ててもかまいません。
新しくお墓を建てる場合、一周忌や三回忌法要を目安にすることが多いようです。納骨の法要を併せて行なえば、準備する側の負担も軽くなります。また、「寿陵(じゅりょう)」といって生前墓を建てる人が増えています。理由は、「残された人の負担を減らしたい」、または「自分らしいお墓を建てたい」など。実際に建てた人は「安心した」「生きた証を残せた」といった感想をもたれているようです。お墓には相続税がかからない分、節税として建てる方もいます。もしも経済的な状況などからお墓がすぐに準備できないときは、一時的に納骨堂へ保管しておくことも可能です。

生前にお墓を立てた場合
「自分のお墓は自分で」と、お子様にご負担をかけたくないとの理由で、生前にお墓を建てる方もいます。その場合は、墓石に戒名または俗名(どちらでも構わない)を朱墨で刻んでおき、故人になられて埋葬されたら、朱色を消します。
ご主人に先立たれ、奥様がお墓を建てた場合、奥様の名前を墓石に一緒に刻んでおくときも、同じようにします。

資料請求・お問い合わせはお気軽にご連絡ください。

受付時間/9:00~17:00 土日祝営業

資料請求・お問い合わせ

ページトップへ